過払い請求は当然の権利ですから、お金が戻ってくる様であれば、請求を行い確実に不当に支払った金額を取り戻しましょう!

債務整理で解決させる多重債務

多重債務を抱える方が自力で問題を解決させる事は難しいとされており、弁護士や関連機関への相談が勧められることもあります。債務整理の手続きをしていくうちに解決に繋がることを発見できる場合もあって、一人ひとりの状況に適した解決方法を選ぶことで抱えている借金に対して速やかな解決を見込めます。

裁判所への申し立てや、借入先である金融会社への交渉が行われることで、借金額を減らしたり返済内容見直したりすることができるようになり、借金問題に対して長年抱えられてきたストレスが解消できると共に、健全な日常を取り戻せます。

債務整理における多重債務への対処

複数の借入先から借金がなされている状態の多重債務に陥っている場合、個人での対処は難しく、弁護士などの法律専門家への相談が進められることもあります。相談を行っているうちに債務整理の手続きに発展するケースもあり、借金額や返済額を一度すべて見直して進められます。

借入先との直接交渉が行われる任意整理が行われる場合、裁判所への手続きも特に必要なく、両者の間での合意が進められることによって成立します。そのほかにも、裁判所へ申し立てすることによって借金を減額してもらえる民事整理や、破産申告をして借金額をすべてなくせる自己破産などの手段があります。

多重債務 債務整理の重要ポイント

(多重債務:借り入れ先の貸金業者が複数件にわたる債務のこと)貸金業者二社以上から借金をしている債務者は2017年2月時点で全国に約352万人存在しています。しかし、債務整理によって多重債務の借金を減らせたり、支払い期間に猶予を持たせられます。債務にお悩みの方は、一度債務整理をご検討されてみてはいかがでしょうか。

手続きには①過払い金請求②任意整理③民事再生(個人再生)④自己破産という種類があります。他の手続きと任意整理は違って、裁判所を通すことなく直接貸金業者と交渉します。また、弁護士の力を借りることで取り立てや支払い義務を止めることも可能です。

多重債務と債務整理について

複数のキャッシングやカードローンの利用があり、借り入れを返済するために借り入れを行っているような状態を多重債務と言います。このような状況下では所得が支出に追いついていない状態となっており、時間が経つほど借金は膨らむばかりで自力で返済する事が極めて困難になります。

また、返済も滞りがちになりやすく、仕事や日常生活に支障をきたす事もあります。このような状況では一刻も早い行動が必要になります。債務整理を行う事によって、返済金の大幅な減額を期待出来ます。期間によっては借り入れが帳消しになり、返金が期待出来るケースもあります。

多重債務と債務整理の方法

多重債務は複数の貸金業者から借金をしている状況を言います。銀行のカードローンや消費者金融で借りた借金を返すために別の業者から借金を重ねるうち、利息の返済だけで日々の収入がなくなり、最終的に複数の金融機関から多額の借金を抱えてしまう多重債務者になる場合が多いといわれています。

そのような場合に債務整理を行えば、借金の残額を減らせたり、支払い期限を先延ばしにできるかもしれません。過払い金の請求や任意整理、民事再生、自己破産などいくつかの種類があり、借金の減額や金利の猶予、払いすぎた返済金の請求など、債務整理を行うことで日々の借金生活から救われる道が見いだせることがあります。

司法書士、債務整理関連

弁護士による交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求の内容に正しくない内容があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。弁護士による交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。