過払い請求は当然の権利ですから、お金が戻ってくる様であれば、請求を行い確実に不当に支払った金額を取り戻しましょう!

過払い請求は司法書士に連絡

貸金業法が改正される2006年よりも以前に借金を行い、返済を続けている方、または返済を完済させた方は、利息を過払いしている可能性が高いのです。
過払いが発生している場合はこれを返還請求する権利があなたにはあるのです。

しかしながら、金融業者がなかなか返済に応じないといったケースも発生しており、過払いのお金を取り戻すにはすんなりとはいかないことも多い様です。

ですが、これは当然の権利ですから、確実に取り戻しましょう。
こういった過払い請求は個人でも可能ですが、司法書士や弁護士などに依頼して確実に回収する方がいいとも言えます。

過払いの金額にもよりますが、司法書士へ依頼料を支払ったとしても、お金が戻ってくる様であれば、請求を行いましょう。

こういった作業は個人でもできますが専門的な作業といえますので、司法書士や弁護士に手続きの代行をしてもらうことで楽に確実にお金を取り戻せるのではないでしょうか。

過払い請求をしたいなら金額を

金額がある程度残っていないことには、弁護士に相談しても回収する意味が無いと言われる場合もあります。確かに回収しておきたいものですが、金額があまりにも小さいものとなっていて、手間に対して受け取れる金額があまりないと判断されるのであれば、実施しない方がいい可能性もあります。

これは弁護士の判断によって変わっていくものですから、もしかしたらかなりの影響が出ている可能性もあります。問題なく回収できるような状況になっている場合は、それだけ多くの金額が残されていて、過払い請求がしやすい傾向にあるのです。そのタイミングをチェックしましょう。

過払い請求で臨時収入を得る

過払い請求を行った人の中には、予想外に多くの還付金がもらえた人もいます。現在では、過払い金請求は一区切りを迎えようとしています。それには、2006年から始まったグレーゾーン金利の撤廃が関係しています。過払い金が発生する人は、このグレーゾーン金利に当てはまり、不正に多くの金利を支払っていたからこそ、返還請求のときに還付金がもらえます。

過払い請求を行うには、専門の弁護士に依頼するのがおすすめです。期限があるので、手早く手続きを行うことが必要となるために、専門家である弁護士の知識が必要となるでしょう。

過払い請求についての知識

過払い請求というのは、キャッシングやカードローンで貸金業者に支払い過ぎていた利息の返還を求める事です。利息制限法にて10万円以上、100万円未満の金利は18%と定められていましたが、出資法では29.2%が上限と定められていました。本来であれば利息制限法に則り18%の利息を順守すべきでしたが、貸金業者は利益の追求のため出資法の上限である29.2%の利息を長年に渡って受け取ってきました。

この利息の差額の返還を求める事が過払い請求です。請求申し立てを行う事は個人でも可能ではありますが、交渉にあたり専門的な知識や対応が必要になりますので、まずは専門の弁護士に相談してみるべきです。

多重債務者の過払い金返還請求

多重債務をかかえている人が過払い金返還請求をすることができるのでしょうか?過払い金返還請求をすること自体はできます。しかし現在多重債務をかかえている人の場合は自分で行おうとするのではなく、できる限り弁護士に依頼することをお勧めします。

なぜかというと現在返済中の人が過払い請求をかける場合には債務整理にあたるため様々な障害が出てきます。下手な交渉をしてしまうと訴訟になってしまい、結局の所弁護士に依頼しなければならなくなってしまいますし、訴訟になってしまったら過払い金が戻ってくるにしてもそれなりのお金がかかることになります。

過払いについて

弁護士による交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求の内容に正しくない内容があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。弁護士による交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。