過払い請求は当然の権利ですから、お金が戻ってくる様であれば、請求を行い確実に不当に支払った金額を取り戻しましょう!

以前の借金にも過払い請求

借金を返し終わってすでに何年も過ぎてしまっているからという事だけで、必ずしも過払い請求を諦める必要はありません。時効を過ぎていない場合にはまだ希望は残されています。

しかし、時効を過ぎていない場合でも過払い金自体が発生していなかったり、ごくわずかな金額しかないという事もありますので、過払い請求にあまり期待はできない事もあります。

何もアクションを起こさないままであれば、どうなっているのだろうと不安に思う事もあるでしょう。ぜひ、正確な金額の計算を行って調べてみましょう。

調べるためにネットを活用するとお金をかけずにおおまかな目安となる金額を把握する事ができそうですね。

過払い請求をおこなう

最近では多くの人に知られるようになった過払い請求ですが、2008年ごろから開始された制度となりますので、10年の時効を考えるとそろそろ終了することがあげられます。時効については1日でも過ぎてしまいますと、無効になってしまいますので、早い段階での請求が求められています。

さまざまなことで不安になっている人もいるかも知れませんが、法律事務所によっては過払い金の調査を無料でおこなっている場所もありますので、気軽に依頼することができるでしょう。弁護士については過払い金請求を得意とされていますので、安心して依頼が可能になるでしょう。

法律家に依頼する過払い請求

法律家に依頼する過払い請求に関しては、弁護士や司法書士に依頼することが可能になっています。借金の相談もおこなわれていますので、万が一ほかに借金があるようであれば、一緒に相談するなどしてもいいかも知れません。

初回の相談料や調査などについては、最近では無料な法律事務所も増えてきていますので、そのようなサービスを利用した方がとくでしょう。過払いの請求に関しては自分だけでも行なえますが、リスクが伴うようなケースもありますので、そのような事態を防ぐためにも法律家に依頼することが一番良い策だと言えるでしょう。

弁護士が過払い請求で裁判を行わない理由

裁判を実施すれば、過払い請求で全額返金してもらえるようになります。しかし提案しているのは、交渉を行うことによって返して貰う方法で、金額はある程度制限させるようにしています。この制限をさせてでも、裁判を行わない方法については、他の会社にも知られてしまうからです。

そもそも過払い金は、返さなくてもいいように感じられているためか、弁護士を通じて返してもらうこと以外は考えていないのです。もし裁判という話になれば、裁判を行っている情報が他にも知られてしまい、借りられる会社が大幅に減っていく可能性があるからです。

多重債務の解決手段となる過払い金返還請求

以前の消費者金融の金利は高く、5年以上の借り入れ期間があり、18パーセント以上の金利であった場合、過払い金返還請求が可能と言われています。現在多重債務を抱えている方でこれに該当する可能性がある場合は、借金の無料相談窓口を利用することをおすすめします。

過払い金返還請求は、債務整理の一手段ですが、中には借金額を全額完済できる人もいるようです。相談窓口では専門の司法書士や弁護士が応対してくれますし、過払い金の有無を確認してもらうことができます。電話相談やメールホームなどからでも問い合わせることが可能です。

過払いについて

弁護士による交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求の内容に正しくない内容があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。弁護士による交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。