過払い請求は当然の権利ですから、お金が戻ってくる様であれば、請求を行い確実に不当に支払った金額を取り戻しましょう!

過払い請求で督促停止状態にできます

借金の返済が止まってしまい、督促で頭を悩ませている人は、自身の債務について少し調べてみてはいかがでしょうか。
それは、貸付け業者がグレーゾンの利息を取っている可能性があるのです。

万が一、その業者がグレーゾーン金利であった場合は、逆に過払い請求をすることができます。
こういった場合には、司法書士などに依頼して、取引履歴を取り寄せたり、裁判所に訴状を出したりしてなるべく早くに対応してもらいましょう。

司法書士が債務整理を受任した時点で、催促停止状態となり、逆に過払い金を請求できる立場となります。

債務整理を検討している方なども、まずは自身の金利が正当な金利であるのか、または過去に完済しているものでも過払いの請求が可能ですから、まずは司法書士などに相談して、債務整理を行う前に自身の借用状況を確認しましょう。

弁護士なら過払い請求は相談が簡単に

相談していく内容が多くなっていればいるほど、過払い請求は行いやすくなるでしょう。弁護士を利用したいと思っている方の場合、相談しやすい環境が整えられていて、話しやすい感じになっているはずです。とにかく過払いが多いことを告げられたり、大きな問題が起きているかもしれないと話をされることになるでしょう。

時効などの問題から、速やかに回収しなければならない金額が多くあるのは間違いありません。金額が大量に用意されている場合には、どちらにしても回収した方がいいと判断できるため、すぐにでも過払い請求を行う必要があります。

弁護士は過払い請求のプロである

請求できる金額がかなり多くなっている上に、期待している金額まで持っていける可能性もあるので、個人で行っていく過払い請求よりも、弁護士を活用したほうが圧倒的に優れています。実際に行っている内容によっては、過払いの金額がかなり出ていて、ほとんど返ってくる可能性もあります。

プロとして仕事をしてくれますから、最適なラインを見つけて回収してくれるはずです。金額が多いと感じているようなら、それはいいと判断できるものです。プロの仕事を見ていると、かなり回収できる金額が多くなっていて、求めているラインまで行けるとわかってきます。

思わぬ収入の過払い請求

借金を完済している方には、過払い請求ができる場合があります。過払い金は、2006年以前から借り入れを行っている方で、利息制限法によってグレーゾーン金利が撤廃されていない時に、借金をしている人が対象となります。このグレーゾーン金利は、定められている金利よりも上乗せで設定されていました。

それにより、債務者は利息制限法に則って金利を支払っているはずが、いつの間にかそれ以上の金利を支払っていました。この多く支払った部分の金利が、過払い請求によって返還されます。ですが、現在では過払い金の返還を出し渋る業者も出てきているので、弁護士に解決してもらいましょう。

多重債務者の人が過払い金返還請求をするには

現在多重債務を抱えている人で、もうどうにも返済することができないという人が行うのが債務整理を呼ばれるものですが、よく聞く手続きですと任意整理や自己破産があります。ほかにも、案外知られていないもので、過払い金返還請求も含まれます。

そのため、返済中の人が過払い金返還請求をすると、信用情報にその情報が載ってしまうことになります。ただし、こちらの請求を弁護士に依頼した場合には正式な書面が借り入れ先に送付されるため、その間は催促が来なくなるというメリットがあります。また戻ってきたおかねの中からまた返済することができるので5年以上前から借り入れを初めた人は一度確認してみてもいいかもしれません。

過払いについて

弁護士による交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求の内容に正しくない内容があるかもしれません。

当サイトは参考程度でご利用ください。弁護士による交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士、司法書士事務所、法律事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士などの法律事務所は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。